カテゴリ:活動報告( 15 )

高隈山・山開き

f0232169_7194628.jpg

高隈山山開き 御岳山頂にて。

先月予定されていましたが、悪天候のため延期されていた高隈山の山開き。御岳で開催されました。

普段登山者にほとんど合うことのない高隈山ですが、この山開きには80人ほどが参加し、賑やかな山登り。しかも天候は晴れて、風もなく。ちょっと霞んでいましたが、山頂からは屋久島の姿も。

山岳救助隊員を含む霧島山岳会では、他山岳関係団体とともに登山者のサポートをしつつ自分たちも山登りを楽しみました。

参加されたみなさん、お疲れ様でした。またこのような企画をして頂きました鹿屋市観光協会のみなさん、ありがとうございました。高隈山を多くの人に知っていただきたいと思っています。

f0232169_7223431.jpg

高隈山・御岳五合目登山口付近。ここからの階段がつらい。。。ゆっくりゆっくり登りましょう。

f0232169_7244967.jpg

山頂へ。途中でちょっと気分が悪くなられた方も元気復活して山頂まで。

f0232169_7254974.jpg

遠くにうっすらと屋久島が見えています。
[PR]
by mnarumi75 | 2013-04-18 07:26 | 活動報告

南九州山岳救助隊 ビバーク訓練

南九州山岳救助隊 ビバーク訓練

f0232169_9144446.jpg

霧島・韓国岳にて2月10日から11日にかけて実施しました。

f0232169_9174096.jpg

霧島連山の朝。高千穂峰のシルエットが闇から浮かび上がってきました。以前、新燃岳・獅子戸岳鞍部でビバークし、夜間捜索訓練を実施しましたが、そのときは2時間のビバーク。そのときも冷たかったですが、風がなくて十分耐えられました。今回は風の吹きさらす山頂でのビバーク。厳しかったです。が、装備の状況でどう感じるのか、何が必要なのか、遭難者はどういう気持ちになるのか、実体験することでわかることがとてもたくさんあります。過去なんども訓練だけじゃなく、実際の捜索も体験しましたが、やはり自然の厳しさを実感しています。それを忘れないためにも訓練としてやらなければなりません。


f0232169_9181319.jpg

RICHO XR-2 + XR RIKENON 35mm f2.8 (SUPERIA PREMIUM 400)
[PR]
by mnarumi75 | 2013-02-16 09:19 | 活動報告

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。訓練の常態化で技術力の向上と即応に努めていきます。
f0232169_9195016.jpg

[PR]
by mnarumi75 | 2013-01-02 09:20 | 活動報告

南九州山岳救助隊の情報管理のための研修会

国立大学法人鹿屋体育大学にて研修会に参加しました。この研修会は学生の卒業研究の一環として行われたもので、ファイルメーカーを使った情報管理の方法を研修しました。また集められた遭難のデータ等の閲覧をしながら意見交換を行いました。山岳救助隊の活動に非常に有効であり、今後、情報管理や情報の発信を意識して活動していきたいと思います。卒業研究として活動中のHさんに感謝申し上げます。
f0232169_16293587.jpg


f0232169_16301881.jpg

[PR]
by mnarumi75 | 2012-12-22 16:24 | 活動報告

宮崎県警察との遭難者捜索訓練について(霧島・韓国岳)

2012年10月、宮崎県警察との遭難者捜索訓練に参加しました。ロープワークの後、夏に発生した韓国岳の遭難について、遭難者がたどったであろうルートを検証登山しました。やぶこぎを強いられるようなルートでの道迷い。実際の遭難は夜間でしたが、昼間でも大変です。公的な救助機関との合同訓練ができることは、今後の連携に非常に役立つものと思います。大変有意義でした。
f0232169_16181955.jpg


テレビの機材は登山の装備よりもずっと重そうですね
f0232169_16185767.jpg


韓国岳の火口底
f0232169_16195338.jpg


遭難者発見現場(無事に発見されました。)
f0232169_1621016.jpg

[PR]
by mnarumi75 | 2012-11-01 16:21 | 活動報告

救助技術・ロープワーク等勉強会(金峯山)

南九州山岳救助隊・霧島山岳会では救助技術・ロープワーク等勉強会を実施しました。ハーケン打ち、支点工作、登り返し、懸垂下降中の途中停止等の実践・検討を行いました。

f0232169_847644.jpg


f0232169_8485117.jpg

[PR]
by mnarumi75 | 2012-10-30 08:44 | 活動報告

韓国岳遭難者捜索活動

1月の遭難発生以来、捜索活動を継続しています。韓国岳の山頂直下、火口へ懸垂下降し、40メートル下のテラスを捜索しました。下降ポイント(支点を構築できるところ)を確認しておくことで、今後山頂直下へ転落等あった場合にも即座に対応できるようになります。40メートル下のテラスでは、山頂から落ちてきたものと思われるものがいくつか散乱しておりました。
f0232169_1663476.jpg


テラスにて
f0232169_1672762.jpg

[PR]
by mnarumi75 | 2012-09-25 16:00 | 活動報告

遭難現場検証登山

過去に遭難があった付近を実際に歩いて、検証しています。遭難者の気持ちになってみることも遭難捜索に役立つかもしれません。霧島山岳会の定例登山と合わせて実施しました。
f0232169_1602873.jpg
f0232169_161781.jpg

[PR]
by mnarumi75 | 2012-03-25 15:57 | 活動報告

霧島・韓国岳遭難捜索について

2012年1月に発生した霧島・韓国岳の遭難に対して、連日捜索を行いました。南九州山岳救助隊は、登山道を外れた沢などを懸垂下降しながら捜索を行いましたが、手がかりが乏しく、今のところ発見にいたっておりません。今後も捜索を継続して実施します。
f0232169_15525965.jpg


韓国岳山頂(噴火活動中の新燃岳が見えています。)
f0232169_15534663.jpg


捜索活動中のヘリコプター
f0232169_15543928.jpg


韓国岳の稜線を捜索中の山岳救助隊
f0232169_15553279.jpg

[PR]
by mnarumi75 | 2012-01-10 15:50 | 活動報告

甑岳遭難捜索活動と感謝状の受領について

2011年9月に発生した甑岳の遭難に対して、霧島山岳会パーティからの目撃情報等を捜索本部へ提供するとともに、捜索活動に参加しました。遭難者は無事に発見されました。

また、本件の活動に対して南九州山岳救助隊はえびの警察署長より感謝状を受けました。

その後についても現場検証を繰り返し、霧島・甑岳方面での今後の遭難対策に役立てていきます。
[PR]
by mnarumi75 | 2011-11-26 15:40 | 活動報告